Photo-Realistic Volume Rendering

従来の手法はモニタからの視線方向から色と透明度を積算し、面の法線方向への影付けのみで表現されていました。新手法Photo-Realistic Volume Rendering(写実的ボリュームレンダリング)は空間内で拡散・反射するあらゆる光を計算することで、実写のような3次元画像を表現する手法です。CTやMRIで得られる3次元画像とは思えないほどの高品質な画像を提供することが出来ます。

​現在お客様提供用プログラム開発を進行中ですが、画像作成の依頼をいただければ弊社内で作成し画像を提供することが可能です。「プレゼンテーション用」「教材用」「ポスターなどの広告物用」などの用途にご依頼ください。

© 2016 PixSpace, ltd