サルコペニア・フレイル関連の画像解析代行

PixSpaceではサルコペニア・フレイル関連の筋肉計測・画像解析作業を強力にサポートいたします。

一般社団法人日本肝臓学会 サルコペニア判定基準(第1版) 「5.日本肝臓学会の判定基準作成とその根拠」に下記のSMIやPMIによる計測を行った研究が紹介され、それぞれの基準値などが掲載されています。

1.CTやMRIなどDICOM画像をお送りいただき、こちらで解析し、結果をお返しするサービスです

2.解析は1例から100例以上のまとまった規模でも対応可能です。

3.最短翌日お返し可能。平均して5日以内に結果をお返しします。

例えば下記の項目を計測して、エクセルシートなどに結果を記入しお返しできます

(内容は随時ご相談させてください。)

Skeletal muscle mass index (SMI)

L3レベルの骨格筋面積 (cm2)/身長の2乗

Psoas muscle index (PMI)

L3レベル腸腰筋面積(cm2)/身長の2乗

intramuscular adipose tissue content (IMAC)

L3レベル腸腰筋・多裂筋CT値/皮下脂肪平均CT値(計測箇所は上記画像の通り)

​その他、研究に応じて必要なデータをお返しすることができます。気兼ねなくご相談ください。

MRIによる筋肉量の計測も対応しています。特定の筋肉または全身の筋肉を抽出し体積をお返しします。

スポーツやトレーニング前後における筋肉量評価も可能です。同じように脂肪も抽出できます。

3D-CTを使った高精度な筋肉抽出も可能です。大腰筋他、個別の筋肉を抽出し、体積をお返しできます。

データの撮影法から、データの受け渡し方法など、詳細なご相談も受けております。

費用のお見積りなど、お気軽にご連絡ください。

Untitled1.png

© 2016 PixSpace, ltd